プレスリリース

プレスリリース
Press Release

2022年5月9日

神石高原町にお住まいで進学か就職かと悩まれている高校生がおられる家庭の方へ。
奨学金での進学を検討してみませんか

自動車整備士(カーエンジニア)・ショールームスタッフ養成
奨学生支援プログラム 2022年度受付スタートしました

山本自動車工業株式会社では、会社の自費100%で行っている独自の奨学金制度の2022年度受付をスタートしました。
弊社は、神石高原町に住む人には欠かせない会社が移動手段である車の安全を守り、快適なカーライフをサポートする仕事を行っています。

当町の問題は5つあると考えています。

  1. 通勤通学、買い物、病院通い、交通機関の脆弱性等、自動車がなくては生活がなりたたない。
  2. 自動車の安全を守る技術者が育っておらず、暮らしを支える自動車整備工場が減っている。
  3. 若年層が学校卒業すると市街地に就業し多くが地元に帰ってこない。
  4. 田舎から子供を進学させると、都会に比べて多額の費用がかかる。
  5. コロナ禍により経済的な理由で進学をあきらめざるを得ない学生もいる。

この5つを同時に解決する方法として、奨学生支援プログラムを考え実行しています。

2016年度にスタートした奨学金制度を利用して、専門学校を経て弊社で働いている先輩もいます。会社見学に来ていただければ、実際に奨学金制度を利用しての経験談など直接話をしていただくことも出来ます。お電話でお問い合わせください。

奨学生支援プログラムの特徴

  • 入学金と2年間の学費分、約230万円が対象。必要に応じて寮費も対象含めることが出来る。
  • 入学金や学費納入のタイミングで必要な額を貸与するのでまとまった資金の準備が不要。
  • 卒業後弊社に5年間就業する事で最大120万円が返済免除になる。
  • 金利は全て弊社負担。
  • コロナ禍で困窮する世帯への経済的支援効果で進学をあきらめさせない。
  • 若者への地元就職を促し、同時になり手不足が深刻な自動車整備士を確保する。
  • この町でインフラとも言える車による交通手段を、お客様に寄り添うサービスで提供し支える。
  • 自動車整備士(カーエンジニア)・ショールームスタッフ育成専門学校の中で、カリキュラム・設備共に優れているトヨタ神戸自動車大学校を指定し学ぶことができる。(他の学校も対象)
  • 地元住民の交通手段を支えることは、町の人口流出自体を止める一つの要因になる。
  • 若年層が地元に帰ってくる一つの要因になる。
  • 地元企業が100%自己資金で行っている独自の奨学金制度です。

奨学生支援プログラムの概要と募集要項

  • 懇談会を6月30日まで随時開催。ご希望により日程調整できます。
  • 懇談会は見学を兼ねて会社で実施する事も出来ます。
  • 制度には奨学金返済支援と、弊社奨学金利用の2種類があります。

■1次選考…書類選考及び学科試験・適正検査・面接
■2次選考…面談で本人および保護者の意思を確認
■募集人数…若干名

詳しくは下記ホームページもご確認ください。
https://ltsy.co.jp/scholarship/index.html

山本自動車工業株式会社の特徴
過疎地になりつつある広島県神石郡神石高原町で、地域の人々に寄り添う自動車関連サービスで、町の営みの一翼を担う会社です。奨学生支援制度は「人づくりは店創り 店創りは街づくり よって人づくりは街づくり」がモットーです。

本件に関するお問い合わせは下記担当者までお願いします。

山本自動車工業株式会社
https://www.ltsy.co.jp/
〒720-1525 広島県神石郡神石高原町上2617
担当者:山本宰士
0847-85-2237
営業時間:9:00〜18:00
定休日:毎週木曜日・祝日